商標調査:TOPに戻る

称呼検索

特許電子図書館・商標検索で、「称呼検索」をクリックすると、以下のような画面が表示されます。
search01.jpg


称呼(読み方)の入力


称呼は、調査をする商標の読み方です。
称呼は必ず入力してください。
(称呼は全角カタカナで入力します)

注意点:
(1)1つの商標でも、何通りも称呼(読み方)があるときは、それぞれの検索調査をする必要があります。(たとえば「商標登録.com」であれば、称呼は「ショウヒョウトウロクドットコム」「ショウヒョウトウロクコム」となります。)
(2)商標の部分的な主要部分についても、称呼検索をする必要があります。
改行で分離された商標や、ハイフン(-)、ピリオド(.)、中黒(・)、スペース(空白)などで区切られた前後のそれぞれは、商標の主要部分です。
また、2つ以上の単語に分けられる商標は、それぞれの単語だけの称呼の検索をする必要がありますし、普遍的な言葉を含む商標などは、その普遍的な言葉を除いた部分の検索をしなければなりません。
部分的に、商標の主要部分が類似するだけでも、両者が類似商標とされる可能性があるためです。
。(たとえば「商標登録.com」であれば、称呼は「ショウヒョウトウロク」とも類似とされるでしょう。)


検索対象とする業務(区分・類似群コード)を入力します


指定商品・指定役務が同一または類似である場合には、同一・類似商標は登録できなくなるからです。
また、指定商品・指定役務が同一または類似である場合には、登録されている権利を侵害するおそれがあるからです。

注意点:
(1)商標登録は、第○類という区分を指定して登録します。
しかし、区分が異なっても、類似の指定商品・指定役務とされている場合があります。類似群コードが同じであれば、類似商品・役務です。
(2)区分、類似群コードはどちらか一方を必ず入力してください(両方入力も可能)。
類似商品・役務審査基準で確認することができます。

区分の入力例
search02.jpg
上記画面では、称呼を「ショウヒョウトウロク」として、区分を第42類としました。
(区分は半角数字で入力します)

類似群コードの入力例
search03.jpg
上記画面では、称呼を「ショウヒョウトウロク」として、類似群コードを42P01(電子計算機のプログラムの設計・作成・保守)、42X11(電子計算機の貸与、電子計算機用プログラムの提供)としました。
(類似群コードは半角数字で入力します)


検索を行います


search04.jpg
検索ボタンを押すと検索が行われ、検索結果の件数が確認できます。


一覧表示で確認します


search05.jpg
「一覧表示」をクリックすると、検索結果の一覧が確認できます。


商標情報の詳細を確認します


search06.jpg
「出願/登録番号」をクリックすると、検索結果のそれぞれの商標の詳細情報が確認できます。

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて