商標登録.info > 商標調査

商標調査

商標調査は、単に同じ商標がなければ大丈夫というものではありません。
類似商標があっても登録できませんし、侵害をしてしまう危険もあります。
たとえば、「スーパーライオン」と「ライオン」、「cherryblossomboy」と「チェリーブラッサム」とは類似します。
指定商品・指定役務が異なっても、区分が異なっていても、指定商品・指定役務の「類似群コード」が同一であれば類似します。その他にもたくさんの拒絶理由があります。
商標調査は、弁理士にご依頼されることをお勧めいたします。

●わからないときは
特許庁(お問い合わせ一覧)
独立行政法人工業所有権情報・研修館(相談)

●弁理士へのご依頼(有料)
商標調査のお見積、どのような内容で商標調査を依頼するのがいいのか、といったご相談は無料です。
お問い合わせいただければお見積を返信いたします。


商標調査の種類

商標調査を行う目的は、主として2つです。
(1)商標登録ができるかどうかの確認(類似商標の検索)
(2)他の商標権を侵害するおそれがないかどうかの確認

商標の検索調査は、特許電子図書館(特許庁)で検索することができます。
特許電子図書館・商標検索

特許電子図書館・商標検索のメニュー

商標出願・登録情報 商標出願(出願中)と、登録商標とを、出願人名や、商標(同一商標のみが検索可能)、出願番号、登録番号などによって検索できます。 類似商標の検索ができないため、(1)商標登録ができるかどうかの確認(類似商標の検索)、(2)他の商標権を侵害するおそれがないかどうかの確認、のための調査には不適切です。

称呼検索
文字を含む商標を読み方(称呼)によって検索できます。
(1)商標登録ができるかどうかの確認(類似商標の検索)、(2)他の商標権を侵害するおそれがないかどうかの確認、のための調査に利用します。

図形商標検索
図形を含む商標を、ウィーン図形分類という図形要素のキーワードによって検索できます。
操作方法には習熟が必要です。
図形商標について、(1)商標登録ができるかどうかの確認(類似商標の検索)、(2)他の商標権を侵害するおそれがないかどうかの確認、のための調査に利用します。

商標出願・登録情報
同一の商標や、出願人名・出願番号・登録番号などを特定して、特定の商標を検索するときに利用します。

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて