商標登録:TOPに戻る

特許印紙の貼り付け

●手数料について
商標登録願には、区分の数に応じて、特許印紙を貼って手数料を納めます。
特許印紙は、商標登録願の左上余白に貼り付けます。
(オンライン出願で、あらかじめ見込み額を納付しておく予納という制度もありますが、ここでは触れません)

出願時の費用
特許印紙代
 3,400 + (8,600×指定商品・役務の区分の数)

1区分の場合:特許印紙代12,000
2区分の場合:特許印紙代20,600
3区分の場合:特許印紙代29,200

・特許印紙を貼るときは、願書の左上の余白に貼るものとし、その下に括弧して、出願に係る貼付印紙額を記載して下さい。
(注意) ・ 特許印紙に割印をしてはいけません。
・ 特許印紙は、全国各地の集配郵便局において販売しています。
(小さな郵便局では販売していないため、注意が必要です)
・ 手数料等は、改訂される場合がありますので、注意して下さい。


現金納付(特許印紙を貼り付ける時は、必要ありません)
・現金により手数料を納付したときは、「【提出物件の目録】」の欄の前に【手数料の表示】、【納付書番号】の欄を設けて納付書番号を記載するとともに、別の用紙に「納付済証(特許庁提出用)」を貼付し、【提出物件の目録】の欄に【物件名】納付済証  1」と記載して下さい。
・工業所有権に関する手続等の特例に関する法律施行規則第40条第 2項の規定により見込額からの納付の申出を行うときは、「【提出物件の目録】」の欄の前に「【手数料の表示】」の欄を設けて、その後に【予納台帳番号】、【納付金額】の欄を設けて、予納台帳番号及び見込額から納付に当てる手数料の額を記載してください。
(注意) 「【納付金額】」の欄には、「円」、「,」等を付さず、アラビア数字(0から9)のみで記載して下さい。

ご利用規約 | 個人情報・秘密情報の取り扱い | 著作権・リンクについて