信州ブランド-商標登録.info > 信州ブランド情報 > たてしなップル・シードル

たてしなップル・シードル

カフェandワイナリーたてしなップルは、長野県北佐久郡立科町にあります。八ヶ岳最北端の蓼科山の北側斜面、美ヶ原の東側斜面、渓流に沿って南北に細長く広がるのが立科町にあります。
八ヶ岳西麓の観光地、蓼科とは、読み方が同じですがまったく異なります。

たてしなップルの製品は、長野県原産地呼称管理制度認定製品のシードルなど、立科町のりんごに特化した自慢の逸品ばかりです。長野県原産地呼称管理制度は、長野県が自信を持ってお奨めするブランドを認定する制度です。
たてしなップル・シードルは、2007年(平成19年)の第1回認定審査会以降、毎年、長野県原産地呼称管理制度 「シードル」認定品に選定されています。
たてしなップルの製品は100%、立科町の生産農家のりんごを使用しています。

信州を代表する高級りんごの産地、立科町の高糖度のりんごを選果し、フランス・ノルマンディ地方で伝統的に造られている瓶内二次醗酵方式(シャンパン製法)を採用しています。

■内容量/原産地
375ml/長野県立科産【長野県原産地呼称管理制度認定製品(平成28年2月15日認定)】

■原材料
りんご、無袋栽培ふじ、ブリュット(辛口 酒度8)、デミセック(微甘 酒度7)

カフェandワイナリーたてしなップルでは、シードルのほか、すりおろしりんごジュース、アップルワイン、りんご伝説、焼酎、ブランデー、ギフト、スイーツ、手摘みりんごなどの、バリエーション豊富な立科リンゴを使った商品を製造・販売しています。