信州ブランド-商標登録.info >  > プレミアムレタスアイスクリーム/レタスそば

プレミアムレタスアイスクリーム/レタスそば

長野県の東南端に位置する川上村は、信濃川に至る千曲川源流の里です。
奥秩父に端を発する千曲川源流、梓川、金峰山川など、イワナの泳ぐ渓流と、カラマツなどの緑が深い高原が広がります。
四方を山々が連なり、秩父多摩甲斐国立公園の風光明媚な環境にあり、夏も冷涼な気候です。村では、7月から11月頃にかけ、豊かな大地と豊かな水に育まれた畑に、美しい高原野菜が一面に栽培されます。
レタスをはじめとする高原野菜の有数の産地です。

品の川上の高原野菜栽培は、1950年(昭和25年)にレタスが試作導入され、翌年に川上物産農協が設立された頃から盛んになっていきます。
1966年(昭和41年)には夏ハクサイが野菜指定産地となり、1969年(昭和44年)には夏秋レタスが野菜指定産地となりました。
1978年(昭和53年)にはレタスの栽培面積が1000ヘクタールを超えました。
現在ではレタスの生産量が日本一の村となりました。

川上村は標高1000m以上の場所にあり、夏でも冷涼な高原らしい気候です。
昼と夜との気温差が大きく、そんな川上村で元気に育った新鮮なレタスを粉末にし、八ヶ岳高原の生乳を使用して独自製法でブレンドしたアイスクリームが、「プレミアムレタスアイスクリーム」です。

また、高原レタスを活用した「レタスそば」は、新鮮なレタスを粉末にし、国産そば粉を使用した蕎麦です。1人前のレタスそばには約1玉分のレタスが含まれています。夏季数量限定商品です。
川上村振興公社